本当にわかってる!?結婚指輪と婚約指輪の違い

結婚指輪と婚約指輪について

女性と比べて男性は、結婚指輪や婚約指輪について知らない人も多いのではないでしょうか。そもそもこの二つの違いすら分かっていないという人も少なくないかもしれません。ふつう結婚というのは、プロポーズをしてから結婚式に至るまで、都合3つの指輪が必要になってきます。まずプロポーズをするときなどに必要になってくるのが婚約指輪、そして結婚式の時に新郎新婦の間で交わしあうのが結婚指輪です。したがって、結婚指輪は2つ必要になってくるんですね。

婚約指輪の意味と必要性

そもそも婚約指輪というのはどのような性質を持つものなのでしょうか。婚約指輪は基本的にプロポーズをするときに男性から女性に渡されるものですね。芸能人が結婚会見をするときに左手の薬指にはめているもの、あれが婚約指輪です。何と言っても婚約指輪の定番はダイヤモンドですが、ダイヤモンドには永遠に輝きを失わないという意味が込められ、二人の愛の永遠性を表すものとして選ばれます。古くは古代ローマ時代からあったもので、日本には明治期に伝わってきました。

結婚指輪とはどういうものか

婚約指輪は、ダイヤモンドがついていたり、凝った装飾が施されていたりなど、とかく豪華な仕様が選ばれます。これに対して、結婚指輪はシンプルなものが好まれる傾向にあります。というのも、結婚指輪は日常的に付けておくものであるため、日常指にはめていて違和感のないものが選ばれやすいからです。結婚指輪を付けておくことで、それが夫婦の証しになったり、また結婚しているということのサインとなったりするものです。デザインがシンプルであるため、相場としても婚約指輪に比べると安めなのです。

結婚指輪といってもたくさんのブランド、会社があり選ぶのに悩んでしまうものです。もちろんお店をたくさんまわってたくさん試着し、決めるのもよいですが、こだわりのある人はオーダーメイドもよいものです。