機械式時計を一生物にするためにやっておくべきこと

機械式時計は一生物とすることができる

機械式時計は電子部品を用いていない、アナログな時計です。ゼンマイのほどける力が動力源となっています。これがクォーツ式時計との最大の違いです。正確性という点ではクォーツ式時計に劣りますが、機械式時計はメンテナンスをすることで、一生物とすることが可能であるというメリットがあります。機械部品は電子部品と違って、手作りすることが可能です。そのため、仮に部品がなくなったとしても、それを手作りして修復することが可能だからです。、

オーバーホールは必須

機械式時計を一生物とするためには、定期的なメンテナンスは欠かせません。オーバーホールと呼ばれる作業を行う必要があります。機械部品の点数が多いため、部品の摩耗が生じたり油がなくなってしまうといったことが避けられないからです。そのほか不具合がないかどうかのチェックも併せて行われます。この作業は、3年から5年ほどに1回行っておくのが目安です。それ以上やらなくても、最近の機械式時計は構造がしっかりとしているので、問題が生じる可能性は少ないのです。

水分の多い所には注意しよう

機械式時計は、水分に弱いという点を頭に入れておいてください。もちろん防水性のダイバーズウォッチなどであれば、よほどのことがない限り水が入り込みません。しかし、リューズが防止になっていない物は日常防水であっても、水分が入り込む可能性があります。入ってしまうと内部のさびなどの原因となるので、避けなければなりません。最も、日常使いであれば、手洗いの際に濡れた程度ではまず問題はありません。しかし、食器を洗ったり洗車をする場合には、注意をしておいたほうが良いでしょう。

ウブロとは高級時計メーカーで、時計のコンセプトやデザイン、顧客ターゲットの設定まですべて創業者がプロデュースしています。